ホーム …→ 診療科・部門 …→ 診療科一覧 …→ 循環器内科

文字サイズ

  • 標準
  • 大

診療科一覧

循環器内科

概要・特色

当院では、平成11年度より狭心症や心筋梗塞に対するカテーテル治療を積極的に行っておりましたが、平成25年3月に検査室を一新し、最新鋭のシステムを導入。これにより心筋梗塞や狭心症に対する診断精度、治療成功率などが飛躍的に向上しました。現在カテーテル治療の初期成功率はほぼ100%、また残念ながら再狭窄などによる再治療が必要となってしまった症例も数パーセント以下にとどまっています。その他、カテーテルアブレーションやペースメーカーの移植などの非虚血性心疾患に対する取り組み、治療成績も向上しています。

また、平成26年5月に320列MDCT(複数のX線照射装置を備えたCT)を導入。CTを用いた非侵襲的冠動脈造影検査にも積極的に取り組んでいます。入院が必要で、侵襲的なカテーテル検査ではなく、身体にやさしい、痛みの少ないCTで狭心症の詳しい検査ができるものです。

心臓超音波検査など従来からの検査にも手を緩めることなく診療機能を拡充し、24時間365日、心臓の緊急事態に対し最良の医療を提供できるよう努力しています。



主な対象疾患

【心臓】
 狭心症、急性心筋梗塞、不整脈、心筋症、心不全 など

【末梢血管】
 閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症 など

【肺】
 急性肺塞栓、肺高血圧症 など

【生活習慣病】
 動脈硬化症、高血圧症、高脂血症、睡眠時無呼吸症候群 など

担当医師表

松原 賢一郎 松原 賢一郎 泉 雄介 松原 賢一郎 泉 雄介 輪番により
担当医師が
異なります。
鷹津 郁麿  −  山口 和才 鷹津 郁麿 山口 和才

医師のご紹介

氏名 所属学会
副院長
循環器内科部長

松原 賢一郎
[まつばら けんいちろう]
日本内科学会(指導医)
日本内科学会(総合内科専門医)
日本内科学会(認定医)
日本循環器学会(専門医)
泉 雄介
[いずみ ゆうすけ]
 
鷹津 郁麿
[たかつ いくまろ]
日本内科学会
日本循環器学会
山口 和才
[やまぐち かずとし]