ホーム …→ 診療科・部門 …→ 看護部門 …→ エキスパートナースたち

文字サイズ

  • 標準
  • 大

看護部門

エキスパートナースたち

知と技と心を磨き、エキスパートとして活躍する看護師たち。

エキスパートナースのご紹介

キャリア開発や専門性の高い資格取得を支援する教育体制のもと、現在、八千代病院では、さまざまな分野のエキスパートナースが活躍しています。

「安心して生活できる。」そのお声が看護のやりがい。

皮膚・排泄ケア認定看護師 柴田光枝

ストーマ(人工肛門・人口膀胱)を造設される方に、手術前後の説明から造設位置の相談、装具選定のアドバイスなどを実施。ストーマ外来では、造設後の日常生活をより快適に過ごすことができるようお手伝いしています。ストーマケアと一口に言っても、患者さんの症状やご要望は千差万別。その方に適した最善のケアを行うために、よくお話を伺うことを大切にしています。患者さんから「安心して生活できるようになった」とお声が聞けたときは、本当にうれしく、私の原動力となっています。


痛みの苦しみを除くために緩和ケアの環境づくりを。

がん性疼痛看護認定看護師 谷川ひろこ

資格取得のきっかけは、つらい「痛み」を取り除き、患者さんの生活の質を向上してさしあげたい、という思いでした。欧米に比べ緩和ケアが遅れている日本で、患者さんが苦しんでいらっしゃる状態を少しでも変えていくことが目標です。また、がん治療はチーム医療。患者さんに合った薬一つを選ぶのも、多職種で一緒に考え治療していくのが基本です。認定看護師としてチームの先頭に立ち、痛みに関して活発にディスカッションし、治療に取り組める環境づくりをしていきたいと思っています。


私の使命は、化学療法を行う患者さんの治療と生活を支えていくこと。

がん化学療法看護認定看護師 坂入明美

化学療法分野の進歩はめざましく、治療効果の向上や対象疾患の拡大で患者数も増加しています。その反面、副作用は治療を行う上で避けられない事象です。認定看護師として患者さんの副作用症状を聞き、目に見えない潜在的な問題にも耳を傾け、個々に合ったケアが自宅でできるように支援しています。また、医師や薬剤師、看護師等の多職種でチームを作り、患者さんが主体的に最善の治療を選択し、生活の質向上に取り組めるよう体制を整えています。その人がその人らしく人生を楽しめるよう支えていくことが私の役割です。


お二人の気持ちを受け止め心の負担を支えていきたい。

不妊症看護認定看護師 高須初恵

助産師、不妊カウンセラーとしての経験を糧に、患者さんの心の負担を支えたいと不妊症看護の専門家へ。不妊治療はケースごとに異なるセンシティブな問題です。だからこそ、当院では初診時のカウンセリングを重視するとともに、どちらか一人ではなくカップルを対象にしたカウンセリング・治療を大切にしています。そして、難しい治療ゆえに、納得の上で臨んでいただくためにも、情報提供に努めています。今後は地域の方々や医療者にも、不妊に関する啓発活動を進めていきたいです。


多職種協働で取り組む感染対策。感染をしない、させない、拡げない!

感染管理認定看護師 幣次厳

患者さん、ご家族、職員をさまざまな感染から守るため、また感染拡大を防止するために、実践可能な感染対策の提案ができるように心掛け、活動を行っています。院内では、現状に適したより良い感染対策を実践できるように多職種で協働し、院内ラウンドや教育活動、相談などを行っています。さらに地域の方々に感染予防のお話をさせていただく機会があり、今後も地域の方々が感染予防に関心を持っていただけるような活動も継続していきたいです。


正しい知識や情報の発信で、糖尿病予備軍を救いたい。

糖尿病看護認定看護師 鈴木裕美子

糖尿病看護認定看護師は、病気にだけ目を向けるのではなく、患者さんの生活、歩んできた人生、価値観、将来のことなど、さまざまな側面を知り、糖尿病である自分とこれからどう過ごすか一緒に考え支援していくことを目指しています。また、私は予防もとても大切だと考えています。ある時、患者さんから「糖尿病になって知ったことがいっぱいある。もっと早く話を聞いていたら糖尿病になっていなかったかもしれない」と言われました。糖尿病を発症する可能性は誰にでもあり、正しい知識を得ることで、多くの人が糖尿病から救われるのではないかと思いました。糖尿病教室、患者会から情報を発信し、安城市、三河地域、愛知県の糖尿病予防を担っていきたいです。


患者さんとご家族が抱える不安を安心に変えたい。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 丹羽美奈子

脳卒中発症後の患者さんは、何らかの障害を残した状態で社会復帰されます。患者さんのみならず、そのご家族も不安を抱いていることが多いため、その不安を解消するお手伝いができればと思ったことが認定看護師を目指したきっかけでした。身体的な障害だけでなく、高次脳機能障害を有する患者さんが安心して生活できるよう、患者さんの声を聴くように心掛け、新たな生活の再構築を多職種および地域と連携して行っています。また、脳卒中の発症や再発予防のための教育が、有効に実施できるような体制づくりをしていきたいと思っています。


患者さんとご家族の生活を支える訪問看護にやりがいを感じて。

訪問看護認定看護師 浅井みどり

訪問看護師のやりがいは、患者さん・ご家族の生活を支えるという包括的な関わりができることだと考えます。乳幼児から高齢者までを対象とし、健康増進・予防支援から、急性疾患への対応、療養指導、看取りなど、あらゆる場面に対応できる知識・柔軟性・判断能力が求められます。個々で行動することが多い訪問看護師ですが、24時間対応を行うチームワーク、地域の多職種との連携もとても大切です。認定看護師の資格取得は、これらを担うための学びを深める手段でした。「八千代の訪問看護を利用してよかった」と言っていただけるよう、地域看護に努めていきたいと思います。


お話を引き出しながら患者さんの気づきを促していく。

糖尿病療養指導士 野々山志津江

糖尿病では日常生活の改善が大切なので、患者さんご自身が変われるように動機づけするのが私の役割です。特に力を入れているのは、患者さんの足のトラブルを予防する「フットケア外来」での活動。他の疾患を抱える患者さんでも糖尿病が原因で足が悪いという方は多く、フットケアをきっかけにお話を引き出して生活指導をするほか、各科の医師などに状況をフィードバックしています。また、当院の糖尿病治療・療養指導チームに所属し、患者さん向けの糖尿病教室や病棟での勉強会を開いています。