ホーム …→ 当院について …→ 沿革

文字サイズ

  • 標準
  • 大

当院について

沿革


1900~1950年
1900(明治33)年 田中純平氏により田中病院を開業。院長は息子の博氏。
1924(大正13)年 内科・眼科・外科・耳鼻咽喉科・小児科を新設。
病床 70床
1944(昭和19)年 ワシノ製機商事株式会社が田中病院を買収、ワシノ病院となる。
病床 38床
1949(昭和24)年 高橋物産がワシノ病院を買収、財団法人八千代病院と改名。
1950(昭和25)年 愛知紡績株式会社が経営母体となる。

1951~1975年
1956(昭和31)年 11月 七野滋彦博士が院長に就任。内科、外科、産婦人科、歯科。常勤医師6名。
病床 33床
1958(昭和33)年 12月 愛知紡績株式会社が附属八千代病院を開設。
1959(昭和34)年 8月 新病棟完成。収容定員変更許可。
一般病棟 103床
1961(昭和36)年 6月 麻酔科の標榜許可を取る。
1964(昭和39)年 8月 救急病院に指定される。
1966(昭和41)年 6月 病床変更の許可がおりる。
一般病棟 130床
1968(昭和43)年 7月 一般病床 158床
1969(昭和44)年 7月 原爆指定医療機関に認定される。
1970(昭和45)年 8月 本館(1号館)完成、竣工式を開催。
一般病床 162床
1971(昭和46)年 1月 一般病床 200床
1972(昭和47)年 4月 特定疾患指定医療機関に認定される。
1974(昭和49)年 1月 消化器科、肛門科を標榜する。
1975(昭和50)年 4月 小児慢性特疾指定医療機関に認定される。

1976~1999年
1977(昭和52)年 1月 病原体取扱許可証を取得する。
5月 安城市と安城市休日急病診療所2次病院協定を結ぶ。
一般病床 226床
1980(昭和55)年 10月 愛知県救急医療情報システム端末機が稼働開始する。
11月 広域救急2次病院の契約に調印する。
1981(昭和56)年 3月 眼科が診療を開始する。
10月 歯科再開、小児科標榜申請。
1983(昭和58)年 7月 安城医師会・老人保健事業の同意書に調印する。
1984(昭和59)年 10月 整形外科専門外来を再開する。
1986(昭和61)年 5月 産婦人科外来に不妊センターを開設する。
7月 整形外科、皮膚泌尿器科の標榜科名を届出る。
1987(昭和62)年 2月 産婦人科がギフト法による妊娠に中部地方で初めて成功。
1988(昭和63)年 5月 七野滋彦院長が名誉院長に、佐藤太一郎副院長が院長に就任する。
1989(昭和64・
平成元)年
5月 日本救急医学会救急科専門医指定施設に認定される。(認定番号146)
7月 原爆指定医療機関に認定される。
12月 日本外科学会外科専門医制度修練施設に認定される。
1990(平成2)年 7月 医療法人財団新和会 八千代病院が設立される。
1991(平成3)年 2月 整形外科を新設し外来診療を開始。
ポルトガル語通訳を配置する。
12月 脳神経外科にレーザー診療部を開設する。
1993(平成5)年 7月 小児科を開設する。
1994(平成6)年 1月 七野滋彦理事長が名誉理事長、佐藤太一郎院長が理事長、中江良之副院長が院長にそれぞれ就任する。
1996(平成8)年 2月 大蔵省が特定医療法人を認可。
3月 歯科、口腔外科を閉科する。
1997(平成9)年 6月 松本隆利副院長が病院長に就任する。
1998(平成10)年 3月 呼吸器科を開設する。

2000~2012年
2000(平成12)年 7月 「八千代病院100年記念祭」を開催する。
2001(平成13)年 8月 透析センター開設。
11月 外科で開発した消化管吻合法(俗称 連続Gambee法)の論文が米国の学会誌「Am.J.surg」に掲載される。
2002(平成14)年 4月 愛知県脳卒中システムの登録病院となる。
2004(平成16)年 4月 厚生労働省より臨床研修病院に指定される。
9月 日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修施設に指定される。
2005(平成17)年 4月 日本アレルギー学会認定教育施設に認定される。
5月 病院を現在の場所に移転。5月1日新病院 開院。
総合リハビリA施設、言語聴覚療法(I)の認可を取得する。
病床数320床
7月 回復期リハビリ病棟入院料の認可を取得。( 一般216床・療養52床・回復期リハ52床)
2006(平成18)年 1月 日本消化器内視鏡学会専門医制度指導施設に認定される。
日本内科学会認定医制度教育関連施設に認定される。
4月 新理事長に松本隆利院長就任。院長との兼務となる。
日本眼科学会専門医制度研修施設に認定される。
7月 腎臓内科を開設する。
9月 日本大腸肛門病学会専門医修練指導施設に認定される。
2007(平成19)年 1月 週刊ポスト「信頼できる医者と全国病院100」で当院が紹介される。
日本リハビリテーション医学会研修施設に認定される。
3月 病院機能評価を受審。日本医療評価機構よりサーベイヤー来院。
4月 日本内科学会認定医制度教育関連病院に認定される。
11月 小原村より救急患者がドクター・ヘリにて運ばれる。
2008(平成20)年 1月 第3木曜日を診療日とし、第1・3土曜日を休診日とする。
2月 日本医療評価機構より病院機能評価認定を受ける。
4月 新看護師寮「ワンルームマンション新和」と保育所やちよを開設する。
神経内科を新設し外来診療を開始。
画像診断部がフィルムレスに移行する。
5月 安城市医療福祉ネットワークを発足し、当院に事務局を置く。
6月 週刊ダイヤモンド「病院格付け安心度ランキング」療養病床併設病院の部で愛知県1位となる。
7月 内分泌代謝内科を新設し外来診療を開始。
9月 NHK「クローズアップ現代」で当院の排泄ケアの取り組みが紹介される。
10月 大規模災害発生時のトリアージ訓練を初めて行なう。
2009(平成21)年 4月 愛知県で初めての社会医療法人となる。
5月 医療安全100K運動に参加。
6月 看護師配置基準7:1を取得。
7月 DPCを開始。
10月 フットケア外来を開設する。
2010(平成22)年 1月 画像診断部に64列128スライスCTが導入され稼動開始。
3月 「愛知県人にやさしい街づくり」賞を受賞。
ボランティア「オリーブの会」の日曜ミニコンサートが、ヤマハ音楽支援制度・地域音楽活動支援の対象に認定される。
4月 新人看護師臨床研修制度が始まる。
国土交通省より「短期入院協力病院」として指定を受ける。
7月 八千代病院110年誌を発刊。
八千代友の会が設立され、総会を開催。
皮膚・排泄ケア認定看護師が誕生、ストーマ外来を開設。
電子カルテサーバー交換、処理のスピード化を図る。

2011~2016年
2011(平成23)年 2月 細菌の全自動同定感受性検査装置を導入。
4月 治験管理室を設置。
新マンモグラフィ装置、エコー装置を導入。
2012(平成24)年 5月 総合検体検査システムを導入。
6月 総合健診センターで、胃がんのABC検診を開始。同時にピロリ菌外来を開設。
7月 鏡視下手術用ハイビジョンシステムを導入。
11月 病院機能評価(Ver.6)および付加機能評価 リハビリテーション機能・回復期(Ver.2)を受審。
12月 安城市災害時医療救助協定を締結。安城市北部地区災害医療コーディネーターに小林一郎救急センター長が就任。
2013(平成25)年 2月 病院機能評価 付加機能評価 リハビリテーション機能・回復期(Ver.2)の認定を取得。
愛知県の指定を受け認知症疾患医療センター(地域型)を開設。
3月 愛知県衣浦東部保健所が100床増床を認可(「病床整備計画について(通知)」受理)。
血管撮影システムを更新。
4月 院長就任(理事長・松本隆利、院長・弥政晋輔)
5月 病院機能評価(Ver.6)の認定を取得。
増築・増床工事起工式を実施。
6月 救急医療対応病床及び八千代総合健診センター・内視鏡センター等拡充整備工事に着手。
2014(平成26)年 3月 新しい電子カルテシステムに移行。
5月 新館が完成し、5月1日より運用を開始。
八千代総合健診センター、内視鏡センター、第2リハビリセンター、画像検査室、外来化学療法室がオープン。
11月 3C地域包括ケア病棟の運用を開始。
12月 4C一般病棟の運用を開始。
2015(平成27)年 9月 八千代リハビリデイサービス 彩を開設。
10月 2015年国際病院連盟賞優秀賞(IHF International Awards)を受賞。
2016(平成28)年 4月 認知症疾患医療センター内に「安城市認知症初期集中支援チーム」を設置。
安城市在宅介護センター八千代および八千代住吉が、安城市地域包括支援センター八千代に移行。