ホーム …→ 当院について …→ 病院機能評価

文字サイズ

  • 標準
  • 大

当院について

病院機能評価

財団法人 日本医療機能評価機構による認定病院

2018年3月2日、公益財団法人 日本医療機能評価機構が実施する病院機能評価(3rdG:Ver.1.1)の認定基準を満たしているとして認定を受けました。
当院は2008年に初めて病院機能評価の認定を受けて以来、5年ごとに更新認定を受けてきましたが、今回が3度目の更新となります。


病院機能評価とは?

公益財団法人 日本病院評価機構が設定した評価基準に基づき、同機構が中立的、科学的、専門的な見地から医療機関の活動を実地調査や書面審査を通じて総合的に評価するものです。評価基準に達していると判断された場合に「病院機能評価認定証」が発行されます。

なお、病院機能評価の認定有効期限は5年間で、5年後には更新の審査を受審することになります。

評価対象領域は以下の4つで構成され、病院組織全体の運営管理および提供される医療の質について審査を受けます。


第1領域

・病院組織の基本的な姿勢

・患者の安全確保等に向けた病院組織の
 検討内容、意思決定。

第2領域

病院組織としての決定された事項の、診療・ケアにおける確実で安全な実践。

第3領域

確実で安全な診療・ケアを実践するうえで求められる機能の各部門における発揮。

第4領域

良質な医療を実践するうえで基盤となる病院組織の運営・管理状況。


また、評価項目は約600項目にもおよび、これら一つひとつに対し、専門審査員の厳しい訪問審査が実施されます。


当院は、患者さんにより質の高い・満足度の高い医療を提供するために、職員一丸となって医療機能の向上に取り組んでいます。当院ではこうした日頃の取り組みの成果を客観的に把握し、さらなる改善につなげていくことを目的に、病院機能評価の審査を受審しています。

当院の評価結果はこちらをご覧ください。