ホーム …→ 専門医療センター …→ 不妊センター

文字サイズ

  • 標準
  • 大

専門医療センター

不妊センター

センター紹介

不妊センター当センターは1986年の開設以来、人工授精などの一般不妊治療では子どものできない不妊症の方を対象に、高度な生殖補助技術を用いて多くの実績を挙げてきました。その成果が評価され、現在では三河地域をはじめ、愛知県内外から多くの患者さんが来院されています。

不妊は、ご夫婦ふたりで取り組む問題です。ご夫婦おふたりの協力なくしては、不妊検査や治療を進めることはできません。まずは、お互いの気持ちを尊重し、ご夫婦でよく話し合っていただくことが大切です。また、不妊治療について勉強することをおすすめします。そうすることで、今後皆さんが受けられる診療内容が理解しやすくなり、よりご夫婦に適した治療を進めることができます。
先進的な治療を展開
不妊症で苦しむ多くの患者さんが妊娠を経験することはもちろん、より安全な妊娠、出産、お子さんの健やかな成長につながるよう、当センターでは医師、胚培養士(エンブリオロジスト)、不妊カウンセラーをはじめ、スタッフ全員で患者さんをサポートさせていただきます。どんなことでもご相談ください。

 

 

 

当センターでの主な診療内容

  • 不妊検査
  • 人工授精
  • 体外受精(IVF)
  • 顕微授精(ICSI)
  • 胚移植(ET)
  • 受精卵着床補助操作(AHA)
  • 胚凍結  など


不妊症とは

『生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間性生活を行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない状態』と定義され、日本では通常夫婦の90%以上が2年以内に妊娠することから、 正常な夫婦生活があって2年間妊娠しない場合とされています。




センターの歴史

当院では、1986年に不妊センターを開設して以来、中部地方で初めて顕微授精による妊娠に成功するなど、新しい技術の導入に力を入れてきました。
近年は、レーザーによる孵化補助法や紡錘体観察による顕微授精、タイムラプスシネマトグラフィーによる受精卵の動態観察などの新しい技術が開発され、当院においてもこのような技術の導入により成績が向上しています。

1986年 不妊センター開設
1987年 ギフト法による妊娠に中部地方で初めて成功
1988年 体外受精による妊娠に成功
1994年 顕微授精法(ICSI)による妊娠に中部地方で初めて成功
1998年 凍結精巣精子-ICSIによる妊娠に中部痴呆で初めて成功。
1999年 未成熟卵子の体外培養-ICSIによる妊娠・出産に日本で最初に成功
胚盤胞移植による妊娠・出産
2005年 ProteaseによるAssisted Hatching導入
2006年 凍結未受精卵と凍結精巣精子を用いたICSIによる妊娠・出産
2011年 LaserによるAssisted Hatching導入
紡錘体観察によるICSI導入

センター特色

多様な取り組みと確かな技術で、地域の信頼を得ています。


特色1治療技術
不妊治療に幅広く対応し、高度な生殖技術を提供。



当センターでは、不妊に関する幅広い治療を提供しています。不妊症の原因ともなり得る疾患に対しては、産婦人科と連携。子宮筋腫や子宮内膜ポリープなどの検査・治療には、からだへの負担が少ない子宮鏡手術を取り入れています。また、妊娠しても流産や死産などを繰り返す不育症についても、新たな免疫療法を取り入れるなどして治療にあたっています。 また、高度な生殖補助医療を担う専門技術者として、4名の胚培養士(エンブリオロジスト)が常勤しています。胚培養士は、精液検査や良好な精子の収集、凍結保存、卵子の収集・培養、体外受精や顕微授精などを担当。受精卵を子宮に着床しやすくなるまで培養し、子宮に戻す移植をサポートするなど、その技術力が不妊治療の重要な要素となっています。

1.紡錘体観察による顕微授精、2.レーザーによる孵化補助法 (Assisted Hatching) 当センターでは受精率や妊娠率の向上を目指し、最先端の生殖補助医療技術を導入しています。その一つが紡錘体観察による顕微授精(1)で、紡錘体を観察し、状態の良い卵子を選んで顕微授精を行うことで、より確実な受精を目指しています。また、卵子の周りの透明帯にレーザーを照射し、あらかじめ穴を空けておくことで、移植時に卵子が孵化しやすい状態をつくる、レーザーによる孵化補助法(2)も採用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特色2カウンセリング
カウンセラーがいつでも寄り添い、ご夫婦の心をケア。



当センターでは、治療と同時にご夫婦の心のケアも必要と考え、早くからカウンセリングに力を入れてきました。現在は、不妊症看護認定看護師をはじめ、日本不妊カウンセリング学会認定のカウンセラーが在籍し、面接のほか電話やメールでもカウンセリングにあたっています。
不妊治療に不安はつきもの。そこで、初診時には診察前にカウンセラーが、患者さんの悩みやお話をお聞きし、多岐にわたる不妊検査や治療方法を説明します。不妊治療は治療のレベルがステップアップするにつれて、精神的、肉体的、経済的な負担も大きくなります。そのため、その都度、カウンセリングを受けていただき、患者さんが納得・同意の上で次の治療に入ることを重視しています。

不妊症看護認定看護師

こうした治療に伴うカウンセリングのほか、医師には聞きにくいこと、ご夫婦間での悩みなど、どんなことでも何度でも相談を受けており、患者さんにとって一番良い方法を、カウンセラーも一緒になって考えます。一方、不妊治療によって妊娠した妊婦さんの不安や悩みにも、引き続きカウンセラーが相談にのっています。







 

特色3チームワーク
エキスパートが連携し、チームワークによる治療を展開。



オペイメージ不妊治療は、各分野から集結したエキスパートたちの連携のもと、チームワークで進められます。例えば、胚移植の際、胚培養士が優良な受精卵を医師に提案したり、看護師が患者さんの様子を観察しながらカウンセラーに報告したりと、医師、胚培養士、カウンセラー、看護師などすべてのスタッフが、ご夫婦を支えるために密に連携。日頃から症例検討会などを重ね、より良い治療を追求しています。
男性不妊の場合は、泌尿器科とも連携して検査・治療を実施。また、不妊治療は妊娠に成功しても、流産・早産などのリスクに備えて、その後の経過を観察することも重要です。そこで、産婦人科と連携して無事に出産するまでを見守っていきます。 さらに、当院は総合病院でもあるため、もともと別の疾患を持っている患者さんの妊娠に対しても、さまざまな対策を練ることができます。持病を先に治療してから妊娠を考えたほうがいい場合もあり、各診療科と連携をとって治療を進めていきます。がん患者さんの場合は、治療前にあらかじめ精子や卵子の凍結保存なども実施。がんの治療後に、妊娠ができるようサポートしています。万一の緊急事態にも対応でき、当院ならではの総合力で安心を提供しています。

診療受付時間

月〜金曜日 8:15〜12:00
第2・4・5 土曜日 8:15〜12:00
  • 待ち時間が長くなり、ご迷惑をおかけすることがありますが、ご了承ください。

初診の方は

  1. 1階・総合受付(4番窓口)で受付を行ってください。
    窓口に備え付けの「診察申込書」に必要事項をご記入のうえ、健康保険証を添えて、総合受付(4番窓口)へ提出してください。「受付票」をお渡しします。
    • この「受付票」は最後のお支払いまでお持ちいただきます。
  2. 2階・産婦人科外来へ「受付票」をお出しください。
  3. 問診票を記入していただきます。その後、診察までしばらくお待ちください。
    • 基礎体温表を記入している方はお持ちください。
  4. 診察を行います。
    1. 受付番号をお呼びしたら、診察室にお入りください。
    2. 医師の問診・診察・超音波診断・ホルモン検査などを行います。
    3. 診察後、医師が説明をします。
    4. 診察の前後に、不妊カウンセラーから検査や治療法についてご説明させていただきます。当院では、患者さんに治療方針をご理解いただき、ご希望に沿った不妊治療を進めていくため、初回の診察時に必ず不妊カウンセリングを受けていただきます。なお、初回不妊カウンセリング料は自費(2,000円)になります。
      気になることがありましたら、不妊カウンセラーに何でもご相談ください。

その他

  • 一般不妊治療は保険適応となりますが、人工授精など保険適応外の治療もあります。
  • 事実婚の方も不妊治療を行っています。
  • ご主人の検査を初診当日に希望される場合は、健康保険証を持参のうえ、奥さまと一緒に
       1階・総合受付(4番窓口)で受付をしてください。

医師のご紹介

氏名 所属学会
不妊センター長
産婦人科部長

吉村 俊和
[よしむら としかず]
日本産科婦人科学会(専門医)
日本産科婦人科学会(指導医)
日本産婦人科医会
日本周産期・新生児医学会
日本生殖医学会
日本生殖内分泌学会
日本産婦人科手術学会
日本受精着床学会
日本卵子学会
母体保護法指定医
日本産科麻酔学会
日本がん・生殖医療学会
日本産科婦人科遺伝診療学会
加藤 智子
[かとう ともこ]
日本産科婦人科学会(専門医)
日本医師会認定産業医
日本抗加齢医学会(専門医)
日本産科婦人科内視鏡学会
日本内視鏡外科学会
NPO法人更年期と女性のヘルスケア学会(更年期カウンセラー)
日本産婦人科乳癌学会
検診マンモグラフィ読影認定医
乳房超音波検診認定読影医
日本女性心身医学会
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法インストラクター
NPO法人周産期医療支援機構ALSOプロバイダーコース修了
日本ACLS協会BLSヘルスケアプロバイダーコース修了
日本ACLS協会ACLSプロバイダーコース修了
日本母体救命システム普及協議会 J-CIMELS ベーシックコース修了
伊藤 真友子
[いとう まゆこ]
日本産科婦人科学会(専門医)
日本産科婦人科学会(技術認定医)
日本産科婦人科内視鏡学会
日本内視鏡外科学会(技術認定(産婦人科領域))
日本臨床細胞学会
日本超音波医学会
日本生殖医学会
日本人類遺伝学会
日本エンドメトリオーシス学会
日本女性医学会
日本癌治療学会
須賀 清博
[すが きよひろ]
日本産科婦人科学会(専門医)
日本生殖医学会
依田 暁
[よだ あき]
日本産科婦人科学会
日本女性医学学会
日本生殖医学会
日本女性心身医学会
秋田 絵理
[あきた えり]
日本産婦人科学会
日本内視鏡外科学会
日本生殖医学会
日本東洋医学会
日本エンドメトリオーシス学会
日本女性医学学会
大谷 清香
[おおたに さやか]
日本産婦人科学会(専門医)
日本婦人科腫瘍学会
日本婦人科内視鏡学会
日本性科学会
奈倉 裕子
[なくら ゆうこ]
日本産婦人科学会
緩和ケア研修修了

費用について

体外受精、顕微授精などには健康保険が適用されません。すべて自費負担になります。

以下に治療にかかるおおよその料金を示しますが、注射の種類・量などによって個人差がありますので、詳しいことはカウンセラーにお尋ねください。

点鼻薬 15,000円
注射、ホルモン検査 約150,000円
採卵 約180,000円〜190,000円
入院料(1泊2日)
麻酔費用など

その他の自費の治療内容は以下の通りです。医師、カウンセラーがご説明しながら行うことになります。

体外受精(IVF) 40,000円
顕微授精(ICSI) 50,000円〜
受精卵凍結保存 20,000円〜(1年間)
受精卵着床補助操作(AHA) 10,000円
胚移植(ET) 45,000円〜
凍結胚融解移植(ホルモン補充を含む) 約100,000円
精子凍結保存 冷結目的により金額が違います。詳しくはお尋ねください。
  • 当院では現在、非配偶者間人工授精(AID)は施行しておりません。

不妊治療は自費診療もあるため、経済的な負担がかかります。助成金制度などについては各市町村の保険所または県の健康福祉部へお尋ねください。

カウンセリングについて

当センターには、不妊症看護認定看護師をはじめ、日本不妊カウンセリング学会認定のカウンセラーが在籍し、カウンセリングを行っています。
カウンセリングをご希望の方は、受診の際に不妊センター受付にお申し出ください。

初回診察時カウンセリングについて

当院では、患者さんに治療方針をご理解いただき、ご希望に沿った不妊治療を進めていくため、初回の診察時に必ず不妊カウンセリングを受けていただきます。なお、初回不妊カウンセリング料は自費(2,000円)になります。
気になることがありましたら、不妊カウンセラーに何でもご相談ください。

カウンセラーからのメッセージ

八千代病院不妊センターは1986年5月の設立以来、不妊の先端医療を担う病院として、専門的知識と経験豊富な医師、エンブリオロジスト、看護師がチームをつくり発展してきました。

不妊治療は日々研究が進み、新しい治療方法が発表される最先端の医療です。そのため、それを必要とされる患者さんには内容をよくご理解いただき、同意を得たうえで、治療を始めることが求められています。

 

体外受精を受けられる方には、その方法、スケジュール、妊娠率、副作用、胚凍結に関することなど細かくご説明し、納得して受けていただくようにしております。カウンセリングは個別に行っていますが、ご夫婦同席の場合が多く、なるべくリラックスした雰囲気でお話しできるよう心がけています。

 

男性不妊の方も多く、精子の状態によっては、泌尿器科と連携して精巣上体や精巣から精子を採取、顕微授精が行われます。その方法や費用についての質問もあります。また、電話で男性からの問い合わせも増えています。

その他、今現在の自分の治療の状態や、このまま治療を続けた場合の見通しについてのご質問、悩んでいること、わからないこと、誰にも言えないから聞いてほしいことなど、さまざまな相談があります。

 

どんなことでもお話しください。話しているうちに自分の気持ちが整理できたり、心が楽になることがあります。

 

不妊症は、先の見えない疾患と言われます。なかなか妊娠できない、また、妊娠したと思ったら流産ということもよくあります。治療が長引けば、経済的、精神的、肉体的にも負担を強いられます。さらに周囲の理解も得られず、孤独で追いつめられた状態になり、悩まれる方もいらっしゃいます。長いトンネルに入ったみたいとか、次を期待してやめられなくなる、というお声をうかがったこともあります。

 

体外受精、顕微授精など、生殖補助技術は日進月歩、新しい方法が行われます。今まであきらめていた方が、希望を持てるようになりよいことですが、それだけに選択を迫られたり、悩んだり、落ち込んだりすることも多くなります。 治療に対する期待が大きければ、それだけ不安や、不成功のときの落胆も大きくなるでしょう。その連続かもしれません。

 

そんなときも一人で悩まないで、カウンセリングのコーナーへお立ち寄りください。何でも話せる場所です。声をかけてください。

相談受付

当センターでは、電話およびメールによる不妊のご相談に応じております。秘密は厳守しますので、お気軽にご相談ください。

電話相談

☎0566-97-8111(代)

上記代表におかけのうえ、「不妊センターへ」とお伝えください。
すぐにお取り次ぎします。



【相談受付時間】

月〜金曜日 10:00〜16:00
※緊急を要しない場合は、13:00〜16:00の間にお電話ください。
第2・4・5土曜日 10:00〜12:30


メール相談

インターネットでの相談も受け付けております。

相談によってはお答えしかねる場合もございますが、
できる限り回答させていただきます。

ご返事が遅れることがありますのでどうぞご了承ください。